チェックリスト

スペシャルコンテンツ

メリハリボディを手に入れる!
美しいくびれに代表される「メリハリボディ」。じぶんでできる簡単なトレーニングや日常生活の注意点など、女性なら誰もが憧れる魅力的なカラダを手に入れるための、とっておきの方法を貴女だけに教えちゃいます。

SPコンテンツ一覧をみる>>

携帯でイージャンラブ

風俗求人高収入アルバイト情報 イージャンラブ
http://ejanlove.com/m/
アドレスをケータイに送る

鶯谷デッドボールの求人詳細

ショップ名

【東京 / 上野・鶯谷・デリヘル】鶯谷デッドボール期間限定フルバックキャンペーン!!

ショップコンセプト

%pr_div_name%
『身分証明書を持っている女性』←が最低基準!他店で断られていようが採用しちゃいますよ♪

携帯電話からアクセス

鶯谷デッドボール QRコード
QRコードを携帯で読み取ってください。

店長ブログ

[2021.02.27 21:37] 更新
デッドボールとは?はじめにお読みください「採用基準はナシ!身分証あれば即採用!?」?

デッドボールとは「ハズレ専門店」として
他のお店じゃコンプレックスになるような女性を
あえて集めてそのコンプレックスを売りにしてきました。

その奇抜な発想でオープン当時から話題となり
各業界のメディア・著名人(高須クリニック院長高須 克弥先生、漫画家 西原理恵子先生、
岩井 志麻子先生、マツコデラックス・ビートたけし・やりすぎ都市伝説・フジテレビドキュメント等)
から取り上げられてきました。
今やその知名度は風俗店の中では一番と言っても良いほどの超有名店です。

有名になり、昔と比べて女性もたくさん来て頂けるようになりました。
そんな中、ハズレと呼べない普通の女性も来てくれるようになり、よく面接で女性からこんな事を聞かれます。

「特に目立った特徴がないんですが、大丈夫でしょうか?」

もちろん大丈夫です!!
その派手なコンセプトからよく勘違いされやすいのですが、
別になにか特技や特徴がなければダメという訳ではありません!!
確かにその様な女性たちのお蔭でお店は注目を集めてきましたが、
「誰でもいつでも働ける場所」
というのがデッドボールの特徴です。
そして誰でもでもというのは特に特徴や特技がない普通の女性も含まれています。

そしてもうひとつ勘違いされやすい事ですが
「デッドボールに来るとすごい悪口を書かれる」
巷ではこういう噂や印象が強くあるかと思います。

デッドボールの基本的なコンセプトは
「良い所も悪い所も正直に出す」です。
紹介の仕方は完全にお店の主観で思った事をそのまま伝えます。
※女性を卑下するような過激な表現は一切使いません。
しかし悪い所ばかり出すのではなく
「良い所も」含め「正直」に伝えます
例「少しぽっちゃりですが性格良いですよ」
「美人ですが勤怠は不安定ですよ」

写真も身バレ対策(モザイク等)以外は一切修正しません。

伝え方はスタッフの主観とセンスによるので
表現方法が「イジリ」なのか「悪口」なのかは
判断しかねる部分もあると思います。
後々トラブル等にならない為にも、
必ず入店前の面接の段階で同じことを説明して、
ご理解頂いた上で入店して頂きます。

正直に出す分、お客様も本当のあなたを分かった上で
お遊び頂くので、嘘をついて接客に行くよりはるかに気持ちは楽なんです。

上記の通りデッドボールの女性はその人自身の素の人間味を売りにしています。
よって、今まで自分に自信がなかった方でも自分らしく心に負担なくお仕事ができます!!

もし色んな理由で現状が上手くいっていないのであれば、
諦めずに最後の砦としてデッドボールに来てみませんか?


?デッドボールに不採用はありません!
身分証あれば即採用!!
デッドボールの売りでもある誰でも採用は
本当です。
基本的にデッドボールは身分証だけあれば誰でも入店することができます。

風俗店に面接に行く際女性の方であればだれでも
「こんなあたしでも大丈夫かな?」
「不採用にされたらどうしよう?」
と行く前に不安になると思います。

しかしデッドボールは何度も言いますが、
不採用はありません!!
入店の説明を受けた後に
入店するかどうかはあなたの自由なんです。

入店するかどうかをお店側から拒否も強制もしませんので、気を楽にして面接にお越しください。
話だけ聞いて入店を検討したい場合は、
「ちょっと考えて決めたいな」
と言っても問題ありません!!
是非一度参考までにでも足を運んでみてください。

?採用基準はナシ!どんな女性でも大歓迎
デッドボールでは入店の際の採用基準は全くありません!!
なのでどんな女性でも働く気があればその日から働けます。


■応募
お電話は0120-006-789までご連絡下さい。

バックナンバー
アーカイブ